通販型自動車保険選び 重視すべきサービスの種類と項目

 

保険料の節約のために、自動車保険の見直しを検討しているあなた。なにを基準に保険会社を選べば良いのかで迷っていませんか。

 

保険を選ぶには、まずは自動車保険ごとのサービスの全体像を知る必要があるでしょう。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
補償内容のこと?
きんぎょ君

きんぎょ君
いいえ、保険の役割は事故の時に金銭的な補償を受けるだけではありません。事故車両を運んでくれるサービスや、平常時でも受けられるサービスもあるのです。

 

今回は、保険選びで見るべきポイントについて説明していきたいと思います。

 

保険選びのポイントは大きく分けて2つ 補償とサービス でも見るべきなのは『サービス』

1-1 ポイント①補償内容

保険商品ですから、補償内容の組合せは大切です。

だた、ほとんどの場合「良い補償 = お高い保険料」となってしまい、あまり保険選びの参考にならないことが多いですよね。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
結局、安心にはお金がかかるのよ。

予算と必要に応じて選ぶようにするしかありません。

きんぎょ君

きんぎょ君
他の家族が加入している自動車保険や火災保険の補償内容によっては、補償の内容が重複することもあります。よく確認して、かしこく選択するように注意してください。

≫ 補償の重複とは

 

しかも、どの保険会社を選んでも補償内容について、ほとんど差がないように感じることでしょう。日本の保険会社は外資系も含めとても優秀なのです。

補償で気をつける事は「補償内容と特約の組合せ」だけであり、通販型を選ぶならここは自己責任です。よって、補償内容で保険各社を比較できる要素は多くありません。

きんぎょ君

きんぎょ君
それよりも「事故対応がしっかりしているか」などは心配ですよね。

もしもの時に、きちんと対応してくれるかどうかは、大切な判断基準です。

 

ぶち猫さん

ぶち猫さん
それから、申し込み手続きのしやすさも大切よね。

そうですね。通販型の自動車保険なら、わざわざ代理店まで出かけなくても、自宅で24時間365日、いつでも気軽に申し込めます。

 

きんぎょ君

きんぎょ君
最近は、ロードサービスが無料でつきますね。

このように、サービス内容が「比較のポイント」になってくるのです。

 

1-2 ポイント②サービス内容

補償内容以外で比較検討が必要なのが「サービス」です。最近流行りの無料ロードサービスや、事故対応などのことです。

最近の傾向として、保険会社が自社の保険をアピールする時に、サービス内容として概ね3つのポイントを掲げています。項目は保険会社間であまり違いは無いようです。ざっくりみてみましょう。

保険名 通販型自動車保険 各社がアピールしているポイント
ソニー損保
  • 事故解決サービス
  • ロードサービス
  • 保険料は走る分だけ
チューリッヒ
  • 事故対応満足度第1位
  • 業界最高レベルの無料ロードサービス
  • 納得の保険料
アクサダイレクト
  • チーム力で安心の事故対応
  • 無料のAXAプレミアムロードサービス
  • 納得のグッドプライス
三井ダイレクト
  • 安心の事故対応
  • 納得の保険料
  • カンタン手続き
おとなの自動車保険
  • 40代・50代の保険料を割安に
  • 自動車保険の新しい安心
  • 損保ジャパン日本興亜グループの安心と実績
イーデザイン損保
  • 安心の事故解決力
  • 充実のロードサービス
  • おトクで合理的な保険料
S B I 損保
  • リーズナブルな保険料
  • 頼れるロードサービス
  • 安心の24時間365日事故受付
ぶち猫さん

ぶち猫さん
みんな一緒じゃないの。

 

その通りです。各社すこしずつ表現は違いますが、概ね同じことをアピールポイントにしているのがわかります。まとめると以下の3点ですね。

  1. 迅速な事故受付と事故対応
  2. 安心のロードサービス
  3. 納得の保険料
きんぎょ君

きんぎょ君
なので、上記サービスの内容を保険会社ごとに比較すれば良いというわけです。

 

 損保各社のサービス内容を比較

前項で、サービス内容のポイントが3つであるとわかりました。それを1つずつ細かくみていきましょう。

2-1 迅速な事故受付と事故対応

「事故受付」と、「事故対応」もしくは「初期対応」の違いがわかりますか。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
少し言葉が違うだけで、同じことじゃないの?

 

それが、違うのです。

  • 事故受付 = 単なる受付、「伝言を賜りました。」という意味。
  • 初期対応 =  事故に対する処理をスタートさせること。

最近の自動車保険は、ほとんどが「24時間365日事故受付」をうたっています。これに関して差は無いと言えます。しかしすぐに初期対応をするかという点で各社別れるようです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
受付だけって、なんだか騙された気分だわ。

 

平日の日中であれば、どんなお店や会社でもすぐに担当者が動き出します。当たり前ですよね。差がつくのは「週末」や「夜間」の対応です。一覧でみてみましょう。

保険会社名 事故受付 初期対応
ソニー損保 24時間365日 土日でも20時までに受付完了で当日に初期対応
チューリッヒ 24時間365日 土日でも20時までに受付完了で当日に初期対応
アクサダイレクト 24時間365日 記述なし
三井ダイレクト 24時間365日 土日でも19時までに受付完了で当日に初期対応
おとなの自動車保険 24時間365日 土日でも20時までに受付完了で当日に初期対応
イーデザイン損保 24時間365日 土日でも18時までに受付完了で当日に初期対応
S B I 損保 24時間365日 平日なら19時までに受付完了で当日に初期対応
土日でも17時までに受付完了で当日に初期対応
ぶち猫さん

ぶち猫さん
事故受付時間によって、少し差があるのね。

 

ただし、夜間や休日の事故では、いくら初期対応をしようが、関係各所がお休みであれば限界があると思われます。これだけで判断するのは早すぎるでしょう。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
それなら何でくらべるのよ!

「駆けつけサービス」を取り入れている保険会社があります。事故で混乱している時に、警備会社の隊員が現場に駆けつけて処理をサポートしてくれるものです。

きんぎょ君

きんぎょ君
警備会社の隊員なので、示談交渉などはしてくれません。しかし大変心強いと好評のようです。

サービスを行なっている会社の一覧です。

保険会社名 提携警備会社
ソニー損保 セコム
おとなの自動車保険 ALSOK
イーデザイン損保 セコム
セコム損保 セコム

このサービスが無い保険会社を選ぶと、オプションでも選ぶことができないため、非常に重要な判断基準になりそうです。

 

2-2 安心のロードサービスが無料

ぶち猫さん

ぶち猫さん
ロードサービスなんて必要なの?
きんぎょ君

きんぎょ君
事故で車が動かなくなると、修理工場まで牽引してもらうなど、事故処理には欠かせないですね。

そのむかし、まだ通販型の自動車保険が登場する前には「JAF」の会員になることでロードサービスを無料で受けることができました。

年会費4000円程度かかるのですが、非会員だと高額なサービス料がかかるために、比較的多くの方が会員になっていました。その時代から現在に至るまで会員を継続されている方も結構いらっしゃるようです。

きんぎょ君

きんぎょ君
私もJAFには何度もお世話になりました。最近では2輪車でもサービスを受けられると、ライダーに好評です。
ぶち猫さん

ぶち猫さん
でも、ほとんどの保険会社でロードサービスが付いてるのでしょ。何を比べればいいの?

そうです。現在ではほとんどの保険会社で、無料で全ての契約につくようになりました。ところが、その内容は各社特徴があるために注意が必要です。

日々サービス内容が見直されるために、細かな違いまで言及しませんが、おおよそ2つの傾向に別れるようです。

  • サービス重視型・・・最高のロードサービス設定で顧客満足につなげる。
  • 保険料重視型・・・・基本的な内容にとどめ、その分保険料を割安に抑える。
  • 特約設定・・・・・・基本補償に含まず、必要な人だけが特約として選ぶ。
型わけ 保険名
サービス重視型 ソニー損保
チューリッヒ「スーパー自動車保険」
保険料重視型 S B I 損保
イーデザイン損保
特約設定 おとなの自動車保険
チューリッヒ「ネット専用自動車保険」

事故や故障の時に役立つサービスですが、最大限必要になるケースは稀です。保険料を節約するには、本当に必要なサービスは何なのかを検討する必要があると思います。

 

2-3 納得の保険料

保険料は、補償内容によって大きく変わるために、比較が難しいところです。

そのためにここでは、各種割引の中でも「インターネット割引」という項目だけに注目して比較していきます。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
インターネット割引ってなあに?
きんぎょ君

きんぎょ君
通販型自動車保険は、一部電話でも受付を行なっています。その対応の手間を減らすために、ご自身でネットを通じて手続きを行う人に割引する制度を設けています。電話受付が増えると、人件費を減らせないですからね。

インターネット割引は、多くの保険会社が採用している割引制度です。しかし各社微妙に違いがあるようです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
ネット割引10,000円 と ネット割引最大10,000円の違いでしょ。女はその辺り見逃さないわよ。

 

そうです。一律割引であったり、保険料金によって細かく割引金額を決めているところもあるのです。一覧表にしてみます。

保険会社名 新規申し込み時 継続手続き時
ソニー損保 一律10,000円 1回目最大5,000円
2回目以降一律2,000円
チューリッヒ 最大20,000円 1回目最大5,000円
2回目以降一律1,500円
アクサダイレクト 最大20,000円 1回目最大5,000円
2回目以降一律1,000円
三井ダイレクト 最大10,000円 一律3,000円
おとなの自動車保険 一律10,000円 一律10,000円
イーデザイン損保 一律10,000円 一律10,000円
S B I 損保 一律10,000円 一律10,000円

これだけで保険料が決まるわけではないのですが、各社が同じような文言を謳っていても、実際は割引内容に大きな違いがあるという一例です。かしこく選ぶ必要がありそうです。

 

まとめ

保険選びで重視すべきポイントとしてまとめてみました。いかがでしたでしょうか。以下の3点を比較すればよいのです。

  1. 迅速な事故受付と事故対応
  2. 安心のロードサービス
  3. 納得の保険料

通販型自動車保険の違いはここに集約されていますので、自分に必要であるものを見極めてかしこく選ぶようにしましょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です